RSS
 

~ブスの25箇条~

01.笑顔がない
02.お礼を言わない
03.おいしいと言わない
04.精気がない
05.自信がない
06.グチをこぼす
07.希望や信念をもっていない
08.いつも周囲が悪いと思っている
09.自分がブスであることを知らない
10.声が小さくイジケている
11.何でもないことにキズつく
12.他人をシットする
13.目が輝いていない
14.いつも口がへの字の形をしている
15.責任転嫁がうまい
16.他人をうらむ
17.悲観的に物事を考える
18.問題意識を持っていない
19.他人につくさない
20.他人を信じない
21.人生においても仕事においても意欲がない
22.謙虚さがなく傲慢である
23.人のアドバイスや忠告を受け入れない
24.自分が最も正しいと思いこんでいる
25.存在自体が周囲を暗くする

175 リアクション

Posted at 5:49am
リブログ (kituneからリブログされた引用)

 


(出典: raccoonsgrave)

5,698 リアクション

Posted at 5:47am
リブログ (kdrからリブログされた画像)

 


coromegane:

2014/6/24

ラーメン屋に行って、食べ終わる時。最後にひとくちとスープを飲んでから水を飲むと、またなんとなくスープが飲みたくなって、そしてスープを飲むとまた水が飲みたくなって…という無限ループに入り込んでしまう。

水かスープか、どちらで終えるのが正解なのか。水で口の中をさっぱりさせておくのがいいのか、あるいはスープの余韻を楽しみながら帰るべきなのか。

私はまだ結論にたどり着けずにいる。

338 リアクション

Posted at 10:43pm
リブログ (coromeganeからリブログされた画像)

 


heartcatch:

これウマイ

9 リアクション

Posted at 8:07am
リブログ (heartcatchからリブログされたフォトセット)

 


(出典: 4gifs)

32,931 リアクション

Posted at 8:03am
リブログ (knock-monsterからリブログされた画像)

 


paleladise:

好きっていいなよ

paleladise:

好きっていいなよ

17,102 リアクション

Posted at 6:13pm
リブログ (hlmup-deactivated20140710からリブログされた画像)

 



Marilyn photographed by Alan “Whitey” Synder in 1953.
Marilyn was currently on her way to the makeup department on set of River Of No Return when her and Alan spotted some black baby bears and decided to take a photograph of Marilyn with them. Marilyn rarely or never let anybody photograph her without makeup on so this is a very rare photograph.

Marilyn photographed by Alan “Whitey” Synder in 1953.

Marilyn was currently on her way to the makeup department on set of River Of No Return when her and Alan spotted some black baby bears and decided to take a photograph of Marilyn with them. Marilyn rarely or never let anybody photograph her without makeup on so this is a very rare photograph.

(出典: marlonandmarilyn)

923 リアクション

Posted at 6:17pm
リブログ (misstinyterrorからリブログされた画像)

 


123 リアクション

Posted at 5:39pm
リブログ (pastelkkumaからリブログされた画像)

 


中国は絶対王制のようにみえるが、科挙で選ばれた官僚(士大夫)は10万人に1人ぐらいの「超小さな政府」である。中国のように広大な領土と膨大な人口を西洋近代のような立憲主義で統治したら、議会や司法機関にかかるコストは何百倍も必要になる。つまり『「日本史」の終わり』でも書いたように、中国の王朝は戦争を抑止する機能に特化した(ノージックとは違う意味の)最小国家なのだ。

ここで王朝を安定させているのは、露骨な暴力ではない。中国の隅々まで暴力支配したら、とんでもないコストがかかる。その権力の源泉は情報の独占だった。科挙の競争率は3000倍ともいわれ、そういう激烈な競争を勝ち抜いたエリートだけが文書を扱い、国家の情報を独占する。民衆の90%以上は、字も読めなかった。もともと漢字は、民衆に読めないようにつくられた国家の暗号だった。

8 リアクション

Posted at 3:59pm
リブログ (fukunono22からリブログされた引用)

 


ところが中国の制度をコピーした李氏朝鮮は儒教の建て前をそのまま制度化し、中国より厳格な官僚制度をつくり、両班と呼ばれる身分差別を固定した。科挙は行なわれたが、士大夫の子弟は貴族の地位を世襲できるようになり、極端に集権的な身分社会が500年以上続いた。

中国と朝鮮に共通するのは、民衆を徹底的に無知な状態に置く愚民主義である。それでも中国の実質的なガバナンスは宗族に分権化されていたが、朝鮮は国家にすべてを集中したので、今の北朝鮮のような統制経済になり、多くの餓死者が出た。つまり愚民主義の伝統が国家を安定させる一方で経済を停滞させ、民度を低下させたのだ。

2 リアクション

Posted at 3:58pm
リブログ (fukunono22からリブログされた引用)

 




Stuff I like